肘内障

小さな子に多い「肘が抜けてしまう」肘内障は、動かさずにすぐに来院を!

小さな子に多い「肘が抜けてしまう」肘内障は、動かさずにすぐに来院を!

LINEで予約する

肘内障とは・・・

親が子どもの手を引っ張った時や、子どもが肘を打ったあと、片腕を「だら~ん」と下げたまま動かさなくなってしまうことがあります。

「肘内障」とは・・・

肘の輪状靭帯(りんじょうじんたい)と橈骨頭(とうこっとう)が外れかける「亜脱臼」を起こした状態です。

輪状靭帯が発達していない1才~6才くらいの子どもに多い疾患です。

原因

子どもの手首をつかんで急に引っ張る・子どもが転んだときに起こそうと腕を引っ張り上げるなど、子どもの手を引っ張ったときに起こります。

この「子どもの手を引っ張る」という原因が、肘内障の原因の約50%を占めています。

この他にも、鉄棒にぶら下がる・肘を打つ・転んで手をつくなどでも起こります。

また、寝返りを打ったときに、ねじれたり、急に肘の関節に負荷がかかったりする場合にも肘が抜けることもあります。

 

 

症状

肘内障は、肘を曲げたり動かしたりすると激痛が走ります。

そのため、腕を動かすことができなくなり、片腕だけだらりと下げた状態になります。

しかし、痛みを生じさせないために腕を動かさないという状況は、子どもにとってはとてもつらいので、表情にも動きにも元気がなくなります。

また、肘内障は骨折した時のように腫れることがなく、腕は動かないものの手指は動き、手指の変色(青白い)も見られないという特徴があるので見過ごすこともありますのでいつも気配ってあげることが大切です。

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加